Tetsuya Matsumoto

出展:株式会社矢野経済検収書 2015/10/29 

​リタイアゴルファーへのアンケート調査結果2015より

日本国内在住の15 歳~69 歳の男女
15,762 人を対象に「あなたはゴルフ(ゴルフ場・
屋内/屋外練習場・ゴルフスクールでのゴルフ経験)を
したことがありますか」と尋ねたところ、
「ある」と回答したのは46%の約半数の人が
ゴルフ経験を持っていました。

しかし、今後ゴルフを続けるかどうか?
という質問に対して、
「続けるつもりはない」51.4%という、
約半数の方々が続ける意思のない結果となっています。
 

こんな経験はないですか?

そんなに細かく教えてもらいたいとは思っていないのにどんどん言われ、聞けば聞くほどうまく打てなくなった・・・。

出展:株式会社矢野経済検収書 2015/10/29 

​リタイアゴルファーへのアンケート調査結果2015より

つまり、新たに始めるスポーツとしてゴルフは人気が高い一方で、

ゴルフをしたことのある方の51.4%もの人が「ゴルフを続けるつもりはない」との回答です。

この背景に「ゴルフに魅力や楽しさを感じていない」推測ができます。
男女差の環境の変化はあると考えますが、ゴルフを継続できる環境を整備することが大切です。

ゴルファーの環境を整る点で、最も重要な技術を習得するというのがあります。経験の浅いゴルファーのスキル向上をサポートする取組み・環境を強化することで、ゴルフのプレー継続を促すことが可能になると考えられます。

特に、ゴルフ経験3 年未満でゴルフを継続しない「早期リタイアゴルファー」は日本全国で約420 万人になると推計されます。

これは、先輩ゴルファーが後輩ゴルファーにルールやマナーを教える、教え方にも問題があると推測されます。

ゴルフを楽しくプレーする方法を教えてくれる先輩が多ければ、「早期リタイアゴルファー」は420万人にもならなかったかもしれいと、​考えます。

ゴルフは感性をひつようとするスポーツのひとつです。

​その"感性"を育むことによって10人それぞれのゴルフの上達の仕方や楽しみ方があると考えています。

ゴルフは感性を使ったスポーツのひとつでもあります。

10人のプレイヤーがいれば、十人十色の感性があります。

その感性を育むことによって、10人それぞれのゴルフが楽しめると考えてます。

「xxxxxxxxxxxxx」

​どうでしょうか?

「感育」は"感性"を"育む"ことを総した言葉です。

技術を習得するスポーツの核となるところです。

こんな経験はないですか?

「xxxxxxxxxxxxx」

「xxxxxxxxxxxxxxxxxxxx」

​どうでしょうか?

思い当る節はありませんか?

ゴルファーの環境を整る点で、最も重要な技術を習得するというのがあります。経験の浅いゴルファーのスキル向上をサポートする取組み・環境を強化することで、ゴルフのプレー継続を促すことが可能になると考えられます。

しかし、今後ゴルフを続けるかどうか?という質問に対して、「続けるつもりはない」51.4%という、約半数の方々が続ける意思のない結果となっています。

こんな経験はないですか?

そんなに細かく教えてもらいたいとは思っていないのにどんどん言われ、聞けば聞くほどうまく打てなくなった・・・。

  • Facebook - White Circle
  • Twitter - White Circle
  • YouTube - Grey Circle

お問合せ:

© 2017 by created by Office Miyahara Technical Support